TOP
全工油NET
 
English
Contact us
サイトマップ
What's工作油剤
  【第3回】 洗浄剤について

洗浄剤は鉄鋼、自動車、電機・電子、繊維、トイレタリー分野等々と幅広く使用されていますが、ここでは金属、非鉄金属工業分野に使用される洗浄剤について解説します。

 
アルカリタイプ 金属部品・車両
酸性タイプ 金属部品・車両・ボイラー等
    
   
  
アルカリタイプ 金属部品・精密部品
水系 中性タイプ 金属部品・精密部品
  酸性タイプ 金属部品・精密部品
準水系   精密部品・スクリーン版・プリント基盤・液晶パネル・金属部品
エマルション系 金属部品・印刷用インキ・燃料タンク
  炭化水素系 金属部品
溶剤系 アルコール系(IPA・エタノール等) 精密部品
(非水系) ハロゲン系(塩化メチレン・トリクロロエチレン・ハイドロフルオロエーテル等) 金属部品・精密部品
  他(N-メチルピロリドン・テルペン等) 金属部品
水系洗浄剤 水系洗浄剤(無機ビルダー・界面活性剤・水等)      → 希釈使用 → 水によるリンス工程あり
準水系洗浄剤(炭化水素・グリコール・界面活性剤・水) → 原液使用 → 水によるリンス工程あり
 
非水系洗浄剤     非水系洗浄剤(炭化水素系・アルコール系・テルペン系) → 原液使用 → 水によるリンス工程なし
洗浄剤の選定
被洗浄物・部材に適し、又洗浄機に適合する洗浄剤を選定する。当組合加盟メーカー相談される事を推奨します。
    
洗浄機の選定
洗浄機の種類は多く、又同機種の洗浄機であっても洗浄機メーカーにより、洗浄性能が相違する場合があり、事前に洗浄機 
メーカー相談される事を推奨します。
(洗浄機メーカーに面識がない場合、日本産業洗浄協議会から紹介を受ける事は可能です)  
  
洗浄評価方法
現場的
簡便判定法
実験室
1.目視判定法    2.水切り法 3.呼気法 4.アトマイザー法
5.濡れ指数法      6.接触角法 7.硫酸銅法 8.電気めっき法
9.残留油分質量法(吸光度測定・重量測定)等々
精密部品判定法
1.オージェ電子分光法 2.X線光電子分光法 3.顕微赤外分光法
4.走査形電子顕微鏡 5.原子力間力顕微鏡 等々

▲TOP

 

  ニュースリリース
  環境関連
  ・環境への取組み
  ・工作油剤の分別の仕方
  ・塩素フリー関連情報
  ・ジエタノールアミン関連情報
  法規制
  ・化審法/化管法の概況
  ・MSDS関連情報
  ・法規制と工作油剤
  ・GHS表示とPL表示の統一化
  統計資料
  ・鉄鋼粗鋼生産
  ・自動車生産台数
  ・工作機械受注金額
  ・原油CIF
  What's工作油剤
  JIS規格について
  全工油の活動について
  ・全工油の活動
  ・理事会
  ・金融部会
  ・調査部会
  ・技術部会
  ・熱処理油部会
  ・企画部会
  ・情報部会
  ・離型剤部会
  ・研修会関連
  特許公報
  組合加入企業紹介
  ・組合員加入企業紹介
  ・経営者は語る
  全工油加入のご案内
  全工油について
  ・ごあいさつ
  ・組合設立経緯
  ・組合概要
  ・関連団体
  組合員専用情報