TOP
全工油NET
 
English
Contact us
サイトマップ
What's工作油剤
  【第4回】 切削油剤について

切削油剤は工作油剤(金属加工油剤)の一つの種類で、文字通り切削加工に使用する潤滑油剤のことです。切削加工とは、工具と工作機械を用いて金属等の材料(加工物)を削り取り、必要な形状や寸法に仕上げる加工法で、旋盤による旋削やドリルを用いた穴加工などに代表されます。また、工具の代わりに砥石を用いた研削加工も含まれます。
 
切削油剤の作用
  切削油剤に必要な二大作用は潤滑と冷却です。

 ・潤滑作用 − 工具と被削材との摩擦を抑制し、切削抵抗や工具の摩耗を低減する。
 ・冷却作用 − 摩擦や塑性変形などにより発生する熱を除去する。

  切削油剤の種類

切削油剤には、そのまま使用する不水溶性切削油剤と水で希釈して使用する水溶性切削油剤があります。 不水溶性切削油剤は潤滑作用に重点をおき、鉱油に種々の潤滑添加剤を加えたものです。水溶性切削油剤は 水の優れた冷却性と安全性に着目し、潤滑成分を水で希釈できるようにしたものです。 2000年に改正されたJISでは、不水溶性は成分と銅に対する腐食性から4種に、水溶性は成分と希釈したと きの外観から3種に分類されました。また、改正JISでは環境を考え塩素系添加剤を含む切削油剤が分類から 除外されています。

 
切削油剤のJIS分類

1.不水溶性切削油剤の分類
 
N1種 鉱油および脂肪油からなり、極圧添加剤を含まないもの
N2種

N1種の組成を主成分とし、極圧添加剤を含むもの
(銅板腐食が150℃で2未満のもの)

N3種

N1種の組成を主成分とし、極圧添加剤を含むもの
(硫黄系極圧添加剤を必須とし、銅板腐食100℃で2以下、150℃で2以上のもの)

N4種

N1種の組成を主成分とし、極圧添加剤を含むもの
(硫黄系極圧添加剤を必須とし、銅板腐食100℃で3以上のもの)

 

2.水溶性切削油剤の分類
 
A1種 鉱油や脂肪油など、水に溶けない成分と界面活性剤からなり、水に加えて希釈すると外観が乳白色になるもの
A2種 界面活性剤など水に溶ける成分単独、または水に溶ける成分と鉱油や脂肪油など水に溶けない成分からなり、水に加えて希釈すると外観が半透明ないし透明になるもの
A3種 水に溶ける成分からなり、水に加えて希釈すると外観が透明になるもの

▲TOP

 

  ニュースリリース
  環境関連
  ・環境への取組み
  ・工作油剤の分別の仕方
  ・塩素フリー関連情報
  ・ジエタノールアミン関連情報
  法規制
  ・化審法/化管法の概況
  ・MSDS関連情報
  ・法規制と工作油剤
  ・GHS表示とPL表示の統一化
  統計資料
  ・鉄鋼粗鋼生産
  ・自動車生産台数
  ・工作機械受注金額
  ・原油CIF
  What's工作油剤
  JIS規格について
  全工油の活動について
  ・全工油の活動
  ・理事会
  ・金融部会
  ・調査部会
  ・技術部会
  ・熱処理油部会
  ・企画部会
  ・情報部会
  ・離型剤部会
  ・研修会関連
  特許公報
  組合加入企業紹介
  ・組合員加入企業紹介
  ・経営者は語る
  全工油加入のご案内
  全工油について
  ・ごあいさつ
  ・組合設立経緯
  ・組合概要
  ・関連団体
  組合員専用情報